パチンコの歴史

パチンコを始めてから、既に27年が経過しました

単独で打ち始めたのが、当時まだ高校生だった。ww


その当時からの、パチンコニュースを綴ってみたり♪


■1980年(昭和55年)
三共から「フィーバー(セブン機)」が発売され
平和・西陣と三大メーカーが主流だった。
当時の画面はドラムやドット・7セグなどで4桁デジタル
ストップボタンの攻略法で騒動になったこともある。

翌年に羽根物の先駆け「ゼロタイガー」が平和から発売され
設置当初は調整を巧く出来ずに、客から大批判を受けたらしいが
後に、大ヒット機として君臨することと成った。


■1985年(昭和60年)
風適法改正に伴い、出玉に関する規制が始まる。

平和の3桁デジタル「ブラボー10」などを当時良く打っていた。
翌年に三共のスーパーコンビ(一発機)が発売され
モーニングサービスや抽選などで、一撃1万発や2万発などの
過剰サービスをするホールが増え、一時期パチ屋は鉄火場状態だった。


■1991年(平成3年)
平和より初のカラー液晶モニター「麻雀物語」が発売された。
当時の大当り画面には必ずと言って良いほど、エロ系(脱衣系)の画像で
いかにも「男の遊び場」であることを感じずにはいられなかった。ww

また、この頃は数珠連チャンや保留玉連チャンが主流で
書き換えや連続抽選などの、まさにやりたい放題だった。

アレジン・ダイナマイト・エキサイト・アレンジマンなど
アレパチ系の台頭により、正にパチンコ黄金期ではなかったろうか。

翌年、CR機が初登場して2回ループの爆烈機が人気となる。
ヒット機は「CR大工の源さん」「CR黄門ちゃま」など
後半は、1回ループの竹屋「CRモンスターハウス」が大ヒット!


■1995年(平成7年)
三洋の「CRギンギラパラダイス」が権利物としては
異例の大ヒットを記録する。
この頃に、イエローキャンペーンなどと言う訳の分からないものが・・・
射幸心を煽らないためにと
「$箱は5箱までしか積めない」
「確変の継続はリミッター5回まで」
「社会的不適合機撤去」

など、色んな意味でパチンカーには辛い事態に陥った。


■1999年(平成11年)
内規改正に伴い、リミッターが撤廃され永久連チャンも可能に・・・って。(笑
一時期「時短の付加禁止」なども行われたことも有り。

この頃、CR海物語が大人気となり三洋の独壇場
海が登場して以降は、ホールは海一色と化していく。


それ以降は

規制、規制、規制と変化を続け

だんだんと、つまらないパチンコに変わり続けている。


それと、2008年にパロットの組合が解散したらしいが

実は、今なんじゃないかな?

と思う、銀平なので有った。。。(笑



よかったら応援ポチお願いします♪(`・ω・´)b
    にほんブログ村 パチンコブログへ にほんブログ村 スロットブログへ

コメント

非公開コメント

羽根モノって。。。

1980年からあるんですね。

私がパチ始めたのは、1989年あたりですけど、その前の機種も打ってみたかったです。ハイ。

オヤジは 綱取物語 が好きでした

あれって何年くらい前ですか?

■教授
昔のパチは1回で4000発とか、デジパチと一発機とかが主流でしたね。
羽根物にカウントは無く、非貯留式だったんで
なかなか完走することは有りませんでした。


■オヤジさん
物語シリーズは90年代初般だったと思いますので
15年以上前かと思います。
綱取は、天国モード・通常モード・地獄モードが有りましたね。(懐

ほ~ほ~

なるほど~
親方は高校生から打ってたとww

高校生の頃、男友達に付いてパチ屋に居たら補導員に声を掛けられました。
シカトしましたが(^_^;)

まきっちは童顔なので捕まりやすかったかもw

パチンコの歴史楽しいですね(*^m^*)
まきっちが打ち始めたのは20歳の頃で、羽根物(ヒコーキが役物の台)打ってましたね~

後、春夏秋冬が出た頃かな。
その後は皆さんと一緒ですね(^-^)
懐かしい~

エキサトって

近藤サトの親戚っすか

パチンコ打ち始めたのはもっと前、手打ちの頃でしたな

フィーバーが出た頃、エプソンという青箱のタバコを吸いながら打っていたら、高校の教師が同じ店にいましたっけ

v-3 まきっち
>パチ屋に居たら補導員に声を掛けられました。
18歳未満はパチ屋に入ったらいけないんだぞ~!!
って、俺もやないか~い♪
ルネッサ~ンス♪

v-3 たびちゃん
>エキサト
エキサイトの間違いでしたな・・・(汁
たびちゃんも、言うよね~♪