独り

あれは、パチンコで生計をたてていた6~7年前の話し。


当時、パチ雑誌のライターをやりながら稼働を続け

〆切間際に成ると、地獄のような日々を送っていた。

初めての全国誌での連載、

「自分のコラムが書ける!」

と、意欲を燃やしていたのだが

編集部の求める内容は 「ホールの取材」 だった…。

しかも、スロ雑誌

当時は、スロとパチの両方を兼用していたので別に問題は無かったが

人嫌いだった俺に、ホール取材と言うのはキツかった。


ギャラは4万円(2P)

まぁ、その時は 「銀平」 と言う名前を全国誌で売り出すチャンスだったんで

ギャラは問題では無かった。


地元誌の連載2本と合わせて、毎月3本の〆切に追われ

記事を書くためには

   「使えない台」

   「日当の出ない台」

でも、打たなければならない時も有った。


時には常連から嫌味を言われたり

誰だかは分からなかったが、玉をぶつけられたりしたことも有った。


ホール内での揉め事は 「ご法度」

目立たず騒がず

じっと辛抱の毎日だった。

あの頃は、インターネットをやって無かったし

珠子とも出会ってなかったし

まさに、たった一人でパチンコと向き合っていた

   悔しくて

   情けなくて

   寂しくて

両親に親孝行らしいこともしてやれず

自分の不甲斐なさに

涙を堪えた夜を何度迎えたことか…。


いま思えば 「あの頃に今のネット友達が居たら、どんなに心強かったことだろうか…」

ふと、そう思うことが有ります。

コメント

非公開コメント

昔があるから

前川清の歌じゃないですが、そのがあるから、の親方しゃんがあるのだと思いますv-7

■たびちゃん

そうですね
色んなことが有って、今の自分が有る
まったく、その通りですね(o^-')b

すんばらすい!

人生山有り谷有り、自分で選んで一筋突き進んで来られた銀平親方様はご立派だと思います。v-254
現在はパチンコでは食えない時代になってしまいました。
連れの元某誌ライター、プロも現在はリーマンv-263やってます。

そうだんたんですか。。。

6~7年前とは、状況が随分変わりましたね。

やっぱり、自由に打てる(打たなくてもいい)パチンコがいいですねw

v-3 おぢぢさん
>自分で選んで一筋突き進んで来られた銀平親方様はご立派だと思います。
いえ、私なんか「中途半端」でヤメちゃいましたから
本音を言うと、苦虫噛み締めた感じがずっと残ってます・・・。

>連れの元某誌ライター、プロも現在はリーマンやってます。
私の知ってるプロも、みんな足を洗ったみたいです
やはり、そんなに甘い世界では無いと言うことでしょうか?

v-3 教授
>やっぱり、自由に打てる(打たなくてもいい)パチンコがいいですねw
そうですね!!
やっぱり、仕事帰りに打つパチンコが最高に楽しいですね。(爆
って、これはいわゆる負け組みの方程式なんですが・・・(更に爆

お気持ち良くわかります。

確かあの時、親方しゃんは胃を悪くしましたよね。
自分もその当時はたま~に会社サボッてパチにお供させて貰ってましたが
もうそんな月日が経つんですね。
あの時の経験が今の親方しゃんを支えているのだと思います。
今の親方しゃんは珠子さんや素晴らしい仲間に支えられて幸せだと思いますよ!
自分も陰ながら応援しています!!
これからも頑張って下さい。

■はま

そう言えば
急性胃炎で倒れたことも有ったな…(笑
浜には、窮地の時に救って貰ったのも覚えてるよ!

あと、お前の家庭不和で浜が夜中に泊まりに来たことも有ったな…(爆